競馬場に関する格言を集めてみました。そうそう、かなり使えますね。当たってますよ。

競馬場に関する格言

「距離実績よりコース実績」
└競馬場によって坂があったり、コーナーがきつかったり、もちろん左周りであったり、右周であったり、特徴が大きく異なる。小倉と東京でのメイショウカイドウの戦績を見れば分かるように、注目すべきはコース実績である。

「新直・芝1000m戦(8枠有利)」
「中山・ダ1200m戦 (外枠有利)」
「中山・芝1600m戦(内枠有利)」
「阪神・芝1600m戦(外枠不利)」
「東京・芝1600m戦(中距離実績馬)」
「東京・芝2000m戦(内枠有利)」
「小倉・芝1200m戦(開幕先・後半外追)」
posted by 競馬の錬金術師 at 08:51 | 競馬の格言名言 か 

騎手にまつわる競馬の格言を集めてみましたが。なるほどなるほど、そうかあ・・・

「午前中のヨシトミは買え」
「京都、阪神のヨシトミは買うな」
「最終の勝浦は買え」
「内枠の北村宏は買え」
「池添の逃げは買うな」
「蛯名の1枠は買うな」
「藤田の外枠は買うな」


posted by 競馬の錬金術師 at 08:41 | 競馬の格言名言 か 

クラシック前のフジキセキ牝馬は、狙い目

クラシック前のフジキセキ牝馬は、狙い目

2歳時に勝ちあがったフジキセキ牝馬は、その後、牡馬相手でも、安定した活躍がのぞめる。(特に1400m)
GUまでなら、どんどん狙える。

ただしいくら連勝してても、GTは消し!人気落ちてたら連下に一考。



--------------------------------------------------------------------------------
posted by 競馬の錬金術師 at 05:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬の格言名言 か 

勝ちきれないトニービンは、格上挑戦で狙え!

勝ちきれないトニービンは、格上挑戦で狙え!

条件戦で、いつも人気で2〜3着というトニービン産駒は、相手なりに走るため、格上挑戦しても好走するケースが目立つ。

人気がなければ狙ってみる価値あり。それプラスやっとの思いで準オープンを勝ったようなトニービン産駒も昇級初戦で狙っておもしろい。

逆に「自己条件に戻って、確勝を期す」なんていうのは、非常に危ないので注意。

京都芝外回りは武豊にのれ

京都芝外回りは武豊にのれ


武豊の京都芝外回りはとにかくよく来ます。小倉や中京ではちょい届かずのところを京都芝外回りは計ったようによく差してきます。
posted by 競馬の錬金術師 at 05:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の格言名言 か 

菊花賞はフロックでは勝てない

菊花賞はフロックでは勝てない。菊花賞馬、菊花賞2着馬は古馬になってからも中長距離路線で活躍する

菊花賞は京都競馬場芝3000Mのレースですが、馬に要求されることは、騎手との折り合い、1週目の正面スタンドでかからないこと、2度の坂越えでペースを乱さないこと、スタミナの温存(最後の直線でのキレ)など盛りだくさんです。

これらの多くの要求を3歳の時点でこなした馬が勝ち馬、あるいは2着になるわけで、勝ち馬、2着馬は競走馬として高い資質を持っているという事が言えます。古馬になった時、皐月賞馬、ダービー馬よりも活躍します。
posted by 競馬の錬金術師 at 05:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬の格言名言 か 

競馬に絶対はない!    

競馬に絶対はない

連戦連勝の負けるわけがないはずの大本命馬が出走すると、当然圧倒的な1番人気です。
このレースは鉄板だ!  と思って大金を叩いたにもにもかかわらず来なかったという経験は誰しもあるはず。
そんなとき決まって出てくるのがこの言葉です。

posted by 競馬の錬金術師 at 04:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬の格言名言 か 

距離実績よりコース実績を重視



距離実績よりコース実績を重視

距離実績とコース実績、どちらを選択するかで迷った場合、コース実績の方を重視した方が馬券が当たることが多いのです。

これは、距離というのが絶対的要素ではなく、展開、ペース次第で伸び縮みするという傾向があるからです。
特殊なスペシャリストを除けば、その馬の適性距離はある程度動的に決まります。

距離に不安がある馬でも、一頭だけで馬なり状態で走れるのなら距離はある程度もつし、また、古馬になって落ち着くようになり、道中ロス無く走れるようになったため距離適性が広がったなどという例はいくらでもあるのです。

つまりその馬の距離適性というのは展開、ペース、相手次第で伸び縮みするということがいえるのです。

これに対してコース適性というのは、展開、相手次第でも変化しにくい要素が絡んでいます。

それぞれの馬が苦手、得意とするコースは、その馬の持つ特徴的な能力上の長所・短所が影響しているケースが多いのです。

たとえば直線に坂のあるコースが苦手だという場合、坂を駆け上がるための後肢の強さが不足しているためだと推測できるし、カーブのきついコースが苦手だという場合は、単純にコーナリングワークが苦手だと理解できます。

堅い馬場が苦手、左回り・右回りが苦手など、いずれもその馬の身体能力上の特徴が大きく影響していると考えられるのです。これは、展開、相手次第でも変化しにくい要素なので重要です。

馬券検討の時には克服されにくい要素、コース実績の有無をまず最初に材料とし、ある程度融通がきく距離実績の判断はそのあとでもいいということになります。



posted by 競馬の錬金術師 at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の格言名言 か 

血統信ずべし、信ずべからず


血統信ずべし、信ずべからず

血統は競馬の重要な構成要素であり、血統無くして競馬は成り立たないが、それだけにとらわれてはならないのです。

競走馬の生産という段階ですでに血統的考察が生産者の中にあり、この考察をもとに配合が決定されますら、血統は非常に重要な要素です。
しかし、血統以外にも競馬を構成する重要要素がいろいろあるのです。

血統は重要ですが、それだけで競走馬の能力、適性を判断していては馬券を取ることはできません。
posted by 競馬の錬金術師 at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の格言名言 か 

斤量は気にしましょう

斤量は気にしましょう

@1キロの増減で0.2秒(1馬身)変わると考えます。

ただし馬体が大きいor小さい等によって受ける影響が違います。

今回の斤量で好走しているかどうか過去のデータを確認する事が一番大事です。

Aハンデ戦は基本的にどの馬にもチャンスがあるように斤量を調整しているが馬体が大きいか小さい等によって受ける影響が違います。

実際には有利や不利にならない事も多いです。

過去に今回の斤量で好走しているか確認する事が一番大事です。
タグ:斤量
posted by 競馬の錬金術師 at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の格言名言 か 

勝ってるうちに止めろ

「勝ってるうちに止めろ」とは

1日の流れとかツキとかありますね。当たらない日はなにをやってもあたりませんし、撤退は勇気ある決断です。
posted by 競馬の錬金術師 at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の格言名言 か 

競馬で残るのは思い出という財産だけだ

「競馬で残るのは思い出という財産だけだ」

実感ですね。イギリスの格言です。
posted by 競馬の錬金術師 at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の格言名言 か 

京都芝外回り、コース変わりは内枠狙いが鉄則

「京都芝外回り、コース変わりは内枠狙いが鉄則」とは

京都の馬場は高速馬場として有名ですネ。
まだ荒れていない京都の芝、外回りでコース変わりの日は大穴の狙い目です。
人気薄の馬でも内枠から狙うと、馬場状態がが良い為、内枠の馬が止まらず、高配当が取れることが、多いです。
posted by 競馬の錬金術師 at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の格言名言 か 

9月はまだ夏競馬、秋競馬は10月から

「9月はまだ夏競馬、秋競馬は10月から」とは

9月はまだ、夏のローカル戦好調馬の方が、9月から始動した馬よりも馬券的に買いです。
10月になると、夏のローカル戦好調馬よりも、9月に休み明けを叩いた実力馬の方がが買いです。
posted by 競馬の錬金術師 at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の格言名言 か 
SEO|SEO対策 SEO対策でアクセスアップ