競馬新聞を読み込めば、競馬に勝てる!?

競馬新聞は、あなたも読んでいますよね。もちろん競馬専門誌だけでなくスポーツ新聞や無料のWeb情報などで、競馬予想や馬柱を見て馬券を買っていると思います。

もちろん競馬新聞だけを参考にして馬券を買っている人も多いです。かつての私もそうでした。
あなたもその一人ではないですか?

競馬新聞の情報量は、大変なものです。馬券を買うには、十分な情報がこれでもかと
いうように記載されています。でも、それで、競馬投資の勝ち組になれたでしょうか?

皆が競馬新聞を読んで、その情報を元に、馬券を買っている、その結果オッズが
作られていくわけですね。そして、払い戻しは皆が買った馬券の総額から約25%を差し引いて
支払われます。これじゃあ、競馬投資に勝てなくありませんか?他人と違う馬券を買ってこそ、
競馬は初めて勝てる可能性が出てくるんです。


それに競馬新聞に書いてあるのは、全部、過去のデータです。また、競馬新聞の予想は、
枠順が確定する前にされているんです。これじゃあ、予想が当たらないと思いませんか?
競馬の着順に影響する大きな2つのポイントは
展開と馬場ですね。

レースの展開は出走する馬たちの脚質と枠順に影響されます。
もちろん馬場状態や開催日程によっても変化しまが、その競馬場やコースによって
枠順の有利不利があることは明確です。

競馬新聞の予想は、その大切な枠順が決まる前に予想したものなのです。
あまり参考にならないとは思いませんか?

それなのに、馬券を買う人の大多数は、競馬新聞の予想で馬券を買っているのです。
情報として信じてしまっている。。。


競馬投資で勝つ予想は、まず展開、馬場状態をきっちり把握した上で、騎手、厩舎の
勝負度合い、馬の能力等を冷徹に読みきらなくては、なりません。
競馬新聞を読んで、予想した気になって、結局は皆と同じ馬券を買っているのでは、
馬券全体の購入額から払い戻される75%掛けの金額を分け合うだけです。
競馬に大きく勝つことは、できないのです。


あなたはまだ競馬新聞を頼りに皆と同じ馬券を買い続けて、競馬資金を徐々に溶かして満足ですか?ますか?
posted by 競馬の錬金術師 at 18:56 | 競馬の疑問、これは?あれは?

マーチンゲール投資法って儲かるの!?

マーチンゲール投資法は、かなり有名な競馬(ギャンブル)必勝法です。

これは17世紀頃ドイツでマーチンゲール伯爵という人物がルーレットの攻略法として生み出したと言われています。
マーチンゲール投資法は、理論的には必ず勝てるはずということで、いろいろなギャンブルに応用され、
いまでも、利用する人は、大勢います。

マーチンゲール投資法の概略は、下記のようなものです。
基本的に1/2の確率で的中して、的中したら2倍の配当が貰えるゲームを想定します。
負けたら次は前回賭けた金額の倍の金額を賭け、勝つまで倍掛け倍掛けとそれを続けます。
勝ったらそこで終了。次は最初に賭けた金額に戻ります。

ルーレットの赤黒やコインの表裏を当てるゲームがぴったりはまります。
最初に100円を賭けてスタートするとしてシミュレーションすると、

最初に100円を賭け、当たったら200円貰えます。
当たったらそこでリセットし、次はまた100円から始めます。
もし外れたら次には前回の2倍の200円を賭けます。
そしてまた外れたら次は400円、その次は800円、次は1600円・・・・
と常に前回の2倍の金額を掛けて勝負していきます。
そして当たるまで続け、当たったらそこでリセットします。
次はまた100円から始めるという仕組みです。

マーチンゲール投資法とは、当たれば今までの負け分を全部取り戻せる倍掛けで勝負し、
勝つまで続ける投資方法なのです。

そういうわけで、マーチンゲールは理論上は必ず勝てることになります。
当然ですね。だって勝つまでやめないのですからね。


マーチンゲール投資法の注意点

マーチンゲール投資法の一番の注意するべき点は、パンクのリスクにどう対処するかということです
です。
マーチンゲール投資法で負けるごとに2倍掛けしていった場合、負けが連続すると賭ける金額が途中から
加速度的に増えていきます。

よく出る例ですが、1枚の紙を重ねて折っていったら42回目には月まで届くという事実があります。
それほど2倍掛けを続けていくと、賭け金がどんどん膨らんでいくのです。

たった100円で始めたマーチンゲール投資法は、10回負け続けると、11回目の賭け金が102,400円
になるのです。そして15回目には1,638,400円になります。
18回目には、なんと、1千万円を超してしまいます。
もちろん、ここまで続けられる人は、ほぼいませんから途中でパンクしてしまうわけですね。

しかも、そんなに大きなリスクを取って当たっても、得られる利益は最初に賭けた金額
そう、たった100円だけなんですから・・・参りますね。

競馬投資にマーチンゲール投資法を利用しようとすると、やはり、根本的に必要なことが
あります。それは、適度な的中率ですね。せめて30%あればオーケーでしょう。ほとんど
パンクは避けられるでしょう。いかにして、年間で30%以上の的中率のある競馬予想を
手に入れるかが重要なのです。

は、かなり有名な競馬(ギャンブル)必勝法です。

これは17世紀頃ドイツでマーチンゲール伯爵という人物がルーレットの攻略法として生み出したと言われています。
マーチンゲール投資法は、理論的には必ず勝てるはずということで、いろいろなギャンブルに応用され、
いまでも、利用する人は、大勢います。

マーチンゲール投資法の概略は、下記のようなものです。
基本的に1/2の確率で的中して、的中したら2倍の配当が貰えるゲームを想定します。
負けたら次は前回賭けた金額の倍の金額を賭け、勝つまで倍掛け倍掛けとそれを続けます。
勝ったらそこで終了。次は最初に賭けた金額に戻ります。

ルーレットの赤黒やコインの表裏を当てるゲームがぴったりはまります。
最初に100円を賭けてスタートするとしてシミュレーションすると、

最初に100円を賭け、当たったら200円貰えます。
当たったらそこでリセットし、次はまた100円から始めます。
もし外れたら次には前回の2倍の200円を賭けます。
そしてまた外れたら次は400円、その次は800円、次は1600円・・・・
と常に前回の2倍の金額を掛けて勝負していきます。
そして当たるまで続け、当たったらそこでリセットします。
次はまた100円から始めるという仕組みです。

マーチンゲール投資法とは、当たれば今までの負け分を全部取り戻せる倍掛けで勝負し、
勝つまで続ける投資方法なのです。

そういうわけで、マーチンゲールは理論上は必ず勝てることになります。
当然ですね。だって勝つまでやめないのですからね。


マーチンゲール投資法の注意点

マーチンゲール投資法の一番の注意するべき点は、パンクのリスクにどう対処するかということです
です。
マーチンゲール投資法で負けるごとに2倍掛けしていった場合、負けが連続すると賭ける金額が途中から
加速度的に増えていきます。

よく出る例ですが、1枚の紙を重ねて折っていったら42回目には月まで届くという事実があります。
それほど2倍掛けを続けていくと、賭け金がどんどん膨らんでいくのです。

たった100円で始めたマーチンゲール投資法は、10回負け続けると、11回目の賭け金が102,400円
になるのです。そして15回目には1,638,400円になります。
18回目には、なんと、1千万円を超してしまいます。
もちろん、ここまで続けられる人は、ほぼいませんから途中でパンクしてしまうわけですね。

しかも、そんなに大きなリスクを取って当たっても、得られる利益は最初に賭けた金額
そう、たった100円だけなんですから・・・参りますね。

競馬投資にマーチンゲール投資法を利用しようとすると、やはり、根本的に必要なことが
あります。それは、適度な的中率ですね。せめて30%あればオーケーでしょう。ほとんど
パンクは避けられるでしょう。いかにして、年間で30%以上の的中率のある競馬予想を
手に入れるかが重要なのです。
posted by 競馬の錬金術師 at 17:45 | 競馬の疑問、これは?あれは?

道悪競馬の時、狙える馬狙えない馬は・・・ @馬体から見た場合、爪の形が注目点です。 ベタ爪(大きく高さがない)の馬は、道悪が苦手です。 逆に爪が小さく立っている馬は道悪が得意ですね。

A馬の走法から見た場合は、

ピッチ走法、ストライド走法、掻きこむ走法、前脚を投げ出す走法の馬がいます。


掻きこむように走る馬は道悪がうまいですね。
前脚を投げ出す馬は、道悪は下手ですね。


ダート馬は、前脚で掻きこむ力が強いので、道悪に向いている馬が多いですね。

Bただ、1番重要なのは、馬の気力の強さです。

やはり一流馬は、道悪はオーケーです。

シンボリルドルフ、ディープインパクト、アグネスタキオン、メジロマックイーンなどなど。

本当に強い馬は道悪でも、それに対応する走法ができるんですね。


今週も、あまり良くない馬場で競馬が開催されると思いますが、冷静に馬の適性を見極めましょう。

☆初めの月は無料です。的中率が40%を超えています。是非、お試しください。
穴騎手人脈競馬予想(関東版+関西版+地方版)



posted by 競馬の錬金術師 at 06:08 | 競馬の疑問、これは?あれは?

2007年の金杯はなぜ6日なんですか?

2007年の金杯はなぜ6日なんですか?今までは5日だったと思います。

2007年1月5日は地方競馬の公営川崎競馬の最終日と重なってしまう為、金杯は一日ずれて1月6日になったのです。

同じ日に開催が重なると中央の方に客足が流れてしまうため、このように調整されたようです。

結局、2007年第1回中山競馬は7日間の施行になります。

その代わり第四回東京競馬は体育の日があるので9日間施行となります。
年間の開催日は通年通りですネ。

タグ:金杯
posted by 競馬の錬金術師 at 05:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

JRA騎手が地方遠征中に地方馬にのらないのはどうして?

JRA騎手は地方遠征中に何鞍も騎乗できるはずなのに騎乗しないのはなぜ?

JRA騎手は地方遠征中に開催日の交流レースに騎乗予定があれば、その日の地方馬限定レースに騎乗できます。

しかし地方競馬は中央以上に調教師と騎手の絆が強いため難しいようです。

また、地方の調教師は騎手以上に「地方の意地」があり、中央の騎手を嫌っているも多いようです。

ただ一番大きいのは、賞金の低さでしょう。
勝ったり、入着しても数千円〜数万円ですからね。
中央の騎手が騎乗に積極的ではないのが一番の原因ですね。



posted by 競馬の錬金術師 at 05:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

記念馬券で儲けたい!!

記念馬券で、どうやったら儲かりますか?



記念馬券で儲けるには、単勝馬券が良いと思います。

記念馬券はオークションで多数出品されていますが多くの方が「単勝馬券」の方を落札・出品しています。

購入金額は「100円」が良いでしょう。

ただ、単勝馬券はその馬の出走競馬場でなければ、価値はあまりありません。
それも、その馬が騒がれる前、新馬戦とかが望ましいです。
将来、有名GTレース等に出走してくれれば、価値は上がるでしょう

次に保管方法ですが新券なら「カード用スリーブ」に入れて直射日光・湿気に当たらないところに保管しましょう。

旧券(裏が真っ黒で厚みがある馬券)ならスリーブに入れるだけで良いです。
今JRAの競馬場・地方競馬場では旧券はあまり見かけませんね。
競馬も最近は、変化が早いですね。








posted by 競馬の錬金術師 at 05:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

「本命」は競馬用語?

「本命」は競馬からきた言葉ですか?

「本命」
この言葉は、競馬のレースでみんなが一着になることを予想している馬のことをさしますね。

しかし、もともと、この本命という言葉は「運命の人」と言う意味なのですね。
実は本命と言う用語は、もともとは(本命:ほんみょう)と言い、中国易(占い)の(陰陽道:おんみょうどう)言葉です。

この陰陽道では干支を9個の星(北斗七星・金輪星・妙見星)に当てて、その人物の誕生日に当たる星の事を(本命星:ほんみょうぼし)と言いました。

この本命星はその人間の人生すべてに影響を与えると考えられていたわけです。

この(本命星=干支)から色々な事を占って、それが真実だと言うことから、後、競馬の予想に「本命」という語が用いられるようになり、さらに転じて、色恋の最有力とおもわれる人を言うことにもなったようです。

さらに、何故か読み方が(本命:ほんめい)に変化したらしいのです。
競馬の予想とともに読み方が変わったのかもしれません。


posted by 競馬の錬金術師 at 05:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

するめ=当たりめ

競馬などギャンブルと関係するようですが、なぜスルメのことを「アタリメ」と呼ぶようになったのでしょうか?


昔、賭け事をする人たちが、「スル」という言葉は「お金をする」「財布をする」とか負けること「競馬でスッタ」などを連想するので、勝つを意味する「アタリ=当たり」にかえて使っていたのが始まりだと思います。





posted by 競馬の錬金術師 at 04:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

競馬のコーチ屋ってどんな人ですか?

競馬のコーチ屋とは


競馬のコーチ屋のだましの手口はこんな感じですよ。

まず、出走頭数が10頭のレースの場合、10人の予想を聞きたがっている人に単勝の1〜10番までのそれぞれ違う馬券をを教えます。

とうぜんですが、必ず一人は的中しますね。

そうしたら的中した人のところへ行って、コーチ料をもらうというわけです。
簡単ですね。
10人の鴨を掴まえて、それぞれに違う単勝券を教えるだけなんです。そのとき、馬券が当たったら、儲けの半分をよこせと言っておくだけですネ。

この方法は人数が多ければ多いほど儲かります。
またその配当金が高かれば高いほど儲かります。
元手は、まったく要りません。

人にうまく話しかけて交渉できる能力と、誰に何番を言ったかをきちんと整理してお金を回収できれば、いいんです。




posted by 競馬の錬金術師 at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

競走馬の命名は誰がしますか?

競馬の馬の名前ってどうやって決めるんですか?


馬主が決めます。

第一希望から第三希望まで書いてJRAに提出します。

過去にGTを勝った馬や種牡馬と同一の名前はノーで、商品名や著作権に触れる名前もダメです。

カタカナで最大9文字までと決められています。(外国馬の場合は10文字以上もオーケー)

よくあるパターンとしては、馬主が特定の冠名を付けていますね。
例えば、「メジロ」「トウショウ」「サクラ」「フサイチ」「メイショウ」等々です。

冠名と任意の言葉で組み合わせれば、他の馬主とかぶることがありません。
なかなか面白いと思います。
posted by 競馬の錬金術師 at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

最も印象に残っているレースは?


今まで見た競馬で最も印象に残っているレースといえば・・・

@サイレンススズカがぶっちぎりの逃げで勝った98年の金鯱賞です。
毎日王冠も素晴らしかったですよね。

掲示板に大差を表す『大』が表示された時は身震いしました。
これでこの馬に惚れたので、当然ながら最も悲しいレースとして
忘れられないのがその年の秋の天皇賞です。

あの時は斉藤陽子さんが泣きながらスズカの予後不良を伝えていて
テレビを見ながら一緒に涙しました。


Aエルコンドルパサーの凱旋門賞です。

NHKの衛星放送で生中継してて、それを見ていましたが、直線では思わず声をあげてしまいました。
残念ながら2着でしたが、本当に頑張った!と拍手したのを思い出します。

ある雑誌でその凱旋門賞を特集していて、そこに載っていた記事がまた印象的でした。
近くのバーでその記者達が残念会をしていると、地元の人が話しかけてきて、
「一番勇敢に戦ったのは、日本のエルコンドルパサーだったよ。彼がいたからこんな素晴らしいレースになった。」
と感謝されたという記事でした。読んだ時に胸が熱くなりましたよ。


Bやっぱり、クロフネ。
圧巻だったのは、JCダート。
東京2100メートルダートは、
先行不利と言われているのに、3コーナーでまくって圧勝!!

故障しなかったら、ドバイワールドカップも、楽しみだったのにねえ・・・


Cウィニングチケットが勝った『第60回東京優駿』です。
岡部幸雄騎手騎乗のビワハヤヒデ・柴田政人騎手騎乗のウィニングチケット・武豊騎手騎乗のナリタタイシン・・・。
この人気の3頭が最後の直線で抜け出てきた時には本当に鳥肌が立ちました。
柴田政人騎手、悲願のダービー初制覇。まさにダービーへのウィニングチケットだったように思えます。


D最もインパクトがあるのはビデオでしか見たことがありませんが昭和55年秋の天皇賞ですかね
プリティキャストの大逃げは必見だと思います。

Eライスシャワーかな。
宝塚記念のたびに思い出す悲運の名馬です。
あのブルボンとマックイーンに土をつけた快挙は忘れません。
小柄な体ですが、あの差し切りは見事でした。

あの悪役ぶり&的場さんのコンビは本当に好きでした。

ミホノブルボンの無敗の三冠を阻止した菊花賞。

メジロマックイーンの3連覇を阻止した天皇賞(春)。

ステージチャンプをハナ差で抑えた天皇賞(春)。

最後の宝塚記念で悲運の死を遂げましたが、
彼にはリアルシャダイの後継種牡馬として、
後世に血を残してもらいたかったです。


F96年の阪神大賞典です。
一騎打ちは見ごたえのあるレースでした。
当時最強と言われたナリタブライアンと前年の菊花賞・有馬記念を制したマヤノトップガンの叩きあいはすごかったです。三着との差が9馬身であったことを考えれば正しく一騎打ちでした。


G90年のオグリキャップの有馬記念です。

その秋のシーズンは不調で、もう終わったかと思えたオグリが、奇跡的に復活したのが印象的でした。
ライアンと連呼した故大川慶次郎氏の声が、実況に混入したのでも有名です。


Hホーリックスが勝った1992年JC。
当時の世界レコード2:22:2
ホーリックスもすごいですがそれ以上に連闘で出走してきたオグリが
すごいと思いましたね。頭くらいまで来て2着でした。あれ以降無理使い
がたたって成績は落ちる一方だった・・・・・










posted by 競馬の錬金術師 at 04:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬の疑問、これは?あれは?

日本馬で海外で初めて勝った馬は?

日本調教馬で海外で初めて勝った馬は?

日本調教馬で海外遠征した馬ではじめて海外重賞を勝利したのはハクチカラです。

1959年2月23日 アメリカのサンタアニタ競馬場で行われた
ワシントンバースデイHでR.ヨーク騎手を背に16頭立ての15番人気で
49.5キロの軽ハンデもあり、Anisadoをクビ差抑えて勝利しました。
海外11戦目での初勝利でした。
アメリカでは日本馬が勝ったことよりも当時の最強馬
ラウンドテーブルが負けたことの方が大きく扱われたそうです。

海外重賞をはじめて勝ったのはハクチカラですが
海外で初勝利をあげたのはスイテンと言う馬です。

スイテンはウラジオストックで開催された日露大競馬会において
1909年9月5・8・12・15・19日の5戦を戦った当時の日本最強馬で
二本柳騎手を背にこれに全勝しています。
帰国後も10歳まで一線級で活躍しました。

スイテンこそが海外で日本調教馬として初勝利をあげた馬なのです。

他に海外で活躍した馬ならば平地ではなく障害競走で活躍した
フジノオーが有名でしょう。
日本調教馬史上唯一イギリスで行われている
世界最高の障害競走グランドナショナルに果敢に挑戦した馬です。
グランドナショナルでは完走できませんでしたが
その後フランスの障害競走を2勝しています。



posted by 競馬の錬金術師 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

外国の馬番のつけ方は?

外国の競馬は馬番が内から1、2、3、4との順番になっていませんね。どうして?


欧州の場合の馬番は

ハンデ戦だとハンデが重い馬からです。
別定戦の場合は年齢の高い順→性別順(牡>牝>セ)→馬名アルファベッド順(A>Z)です。
最も高齢の牡馬でAに近い馬が1番となります。逆に最低年のセン馬でZに近いうまが一番最後の馬番になります。

米国の場合の馬番は

出走確定後に抽選によって馬番が確定されます。これは日本と同じで
一つだけ違うのは、同一厩舎、同一馬主の馬が同レースに出走した場合は、該当馬全てを同一枠番として扱われます。これをカップリングと呼びます。欧州も同じようにカップリング方式を採用しております。


日本では
出走抽選→出走確定→馬番抽選→馬番確定

米国では
出走抽選→出走確定→馬番抽選(カップリング込)→馬番確定

欧州では
出走抽選→出走確定→馬番確定(カップリング込)→ゲート順抽選→ゲート順確定



タグ:馬番 競馬 外国
posted by 競馬の錬金術師 at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

武豊はスゴイですか?


武豊はスゴイですか?


武豊騎手は凄いのかと言われれば「とてつもなく凄い」と言うしかありません。
年間200勝以上を挙げるのは彼だけですし、他人は追いつけない程GIや重賞を勝っています。

ではなぜ彼が凄いのかと言うならば「馬の能力を引き出す事に長けている」点でしょう。
一般的に「馬7分、騎手3分」と言われており、騎手がレースで活躍するのは3割程度であると言われています。

ただこれは私の主観ではありますが、毎年騎手の勝ち数ランキングで10位以内に入っている人の事を指しているのではないかと思います。

勝てない騎手というのは、これが2分や1分程度しか引き出せておらず
結果としてたまたま馬の特性にたまたまハマったレースを勝つ事が必然的に多くなるのだと思います。

トップクラスになると、技術や感覚的に馬の特性を計る能力に長けていて、まぐれではなく馬の特性を引き出す事が勝ち数の少ない騎手よりも多くなる為に、勝ち星が多くなるのでしょう。

つまり武豊騎手はこの点がトップクラスのジョッキーより、格段に冴えて居る為に「馬6分、騎手4分」になっているのではないかと思われます。
特性を掴む事が出来、それを生かしてレース運びをできるのですから
必然的に勝つ可能性は高く、結果として勝ち数が伸び年間200勝を超える・・・という感じです。

ただ、彼の技術に疑問を持つ人も確実におります。
彼は「最後の直線で疲れた馬を追いたて、ゴールまであとひと伸びさせる」という能力については、さほど長けてはいません。
レース全体の流れを掴んで馬を動かして居る為、このような能力が必要になった事が少なく、またド根性という性格(根性は素晴らしいですが、どこかクールな点が残ってしまい「巨人の星」のようにはなれない感じ)が出せないようなので、あとひと伸びが足りずに負ける事がありこれを評して「武豊の溜め殺し」と言うファンも居ます。

更に人気馬に必然的に騎乗が多くなる訳ですが、たまに乗る不人気馬での勝利数が人気馬と比べて少ない事も上げられます。

ちなみこの「最後のひと伸び」「不人気馬で勝つ」が出来たトップジョッキーがかつて居ました。福永祐一騎手の父、福永洋一騎手です。
彼は人気馬で確実に勝ち、不人気な能力の足りない馬でも、あっと驚く勝利を見せてくれました。
彼を知る世代のファンからは、これらの点からしても
「福永が現代に居たら、武豊よりも数段上の成績を残す」と言われてしまう程です。

武豊騎手は「とてつもなく凄い」のですが、それを批判できる材料もある騎手であると言えます。
しかし今現在現役の中央競馬の騎手としては、間違いなくナンバーワンであると言い切れるでしょう。
タグ:武豊
posted by 競馬の錬金術師 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

競馬の魅力は?

競馬の魅力って何?



馬はただ走るのではなく、背後にそれぞれの思い入れを持って走るから、
のめりこむかも知れませんね。

プラスアルファでギャンブルと言う要素もあるから、
のめりこむってこともありえます。

今では私は馬券を買わずとも競馬を楽しんで見れます。
道中でのけん制の仕合、更に罵倒された若手が道を空けるときなど。
それぞれにそれぞれの駆け引きがあります。

昔は郷原、岡部、河内が来たら新人は道を開けたのだけれども、
今の若者は…と愚痴っていたのは大崎さん。

そういう部分も含めて人なのでしょうね。

あと、血統。

競馬のサイクルは早いです。
5年もすれば、自分が見てた馬の子供たちが走り出します。
その時に当時(5年前)の自分を思い出させる馬が出たら、
強い弱い抜きで応援しちゃうでしょうね。

父の果たせなかった夢…みたいなありがちドラマでよろしく!みたいな。

競馬をスポーツって視点で見れるようになれれば、
その意味は解ってくると思います。

所詮、ギャンブルだよね、と思っていたら解り難いかも知れませんね。

例えば、ありがちですが、オグリキャップが何故、人気があったか調べてみてください。
秋天皇→マイルそしてJCを連投して世界レコードで同着。(当時のJCは日本馬が全然勝てなかった)
更に有馬で骨折。復帰年の引退レースの有馬で勝てないと言われていたが、奇跡の勝利。

その背後にあった金銭の流れをみると競馬ってギャンブル以上のモノがあるとわかります。
何故、連投したのか?ってちゃんと理由があります。

そんなとこからもオグリファンって増えるのです。
精神的にも強かったんです。

それが競馬の魅力かも知れませんね。

1.サラブレッドの血の歴史
2.命がけの勝負である事
3.サラブレッドの美しさ
4.不確定要素が多い事
5.世界への飽くなき挑戦

この他にも各人色々あるのでしょうが、
時速70キロを超えるスピードで疾走するサラブレッドの迫力。
レースに至るまでの各陣営の試行錯誤。
その集大成に運命を託されるジョッキー達の勝負を賭けた駆け引き。
勝者に与えられる栄光と富。
強い馬から更に強い馬を作ろうとする生産者の飽くなき努力。
いつかは日本の馬が世界の頂点に立つと言う夢。
これらが織り成す名勝負の数々。
そしてその影の運命。

一番競馬を表している言葉と思うのが
『競馬に絶対は無い!』
競馬は何が起こるか分からないし、危険なスポーツである事は間違いないです。
今回のディープインパクトが人気なのはその絶対は無い競馬に置いて99.99%信頼or期待出来る存在だからです。
そんなディープであっても海外では敗れたし、まだまだ日本の夢は叶っていないのです。逆に永久に海外で勝てないと言う事では無い。のです。
そんな「絶対の無い」魅力に皆さん惹かれているのではないでしょうか?
ログインして投票する参考になった:0件
この回答へのお礼 ご回答ありがとうございます。どのスポーツにも絶対はないのでしょうが、特に競馬ではそうなのかもしれませんね。
posted by 競馬の錬金術師 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

面白い競馬ゲームを教えてください

競馬のゲーム(例えばウイニングポストや、ジーワンジョッキーなど)で面白いのはどんなゲームですか?

競馬ゲームといっても、調教師視点(GIステイブル や ホースブレーカー)・騎手視点(ギャロップレーサー や GIジョッキー)はその人になりきっての操作になります。
GIジョッキーシリーズは競馬ゲームというよりはアクションゲームです。

こんな感じです。

騎乗ポイントがあり、各厩舎に回り騎乗依頼を受ける
(ここでその馬に関するクイズがあります。例:ディープインパクトの父親の名前は? など。正解するとその馬に乗せてもらえる)

スタートをちゃんと決める
道中決められた順位にいる(逃げ馬なら先頭・差し馬なら馬群中断 など)
直線に向いたらムチを打ち追い込む
人気を裏切ったりしたら次走でその馬に乗れなくなる。

騎手視点での競馬ゲームと見たら、優れてるゲームです。
僕自身最後にたどり着いたのがGIジョッキーなのでソフト的にはお勧めです。
ウィポを遊んでからGIジョッキーをされることをお勧めします。


ウィニングポストは最強馬生産にこだわらなければ調教はやらなくていいようになってます。操作するのは出走するレースと騎手を決めることです。言うならば馬主の気分を味わえるのです。

また、自分で育てた馬をレースに出さなくても馬券を買って遊ぶことができます。

走らせた馬を繁殖牝馬や種牡馬にして半永久的に遊ぶことができます。競馬界で言うならばオーナーブリーダー(馬主・生産者兼任)の立場で遊べるといったとこでしょうか。

ダビスタも最近のシリーズでは自分の走らせた男馬を種牡馬にして種付けができるようになりました。ただ、初心者にお勧めなのはウィニングポストのほうだと思います。

問題点・難点としてはセーブ・ロードが長い。
メモリーカードの容量が結構いる。
毎年おんなじことの繰り返しなのでマンネリ化してくるといったところでしょうか。
タグ:競馬ゲーム
posted by 競馬の錬金術師 at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

競馬が題材となったドラマは?

競馬が題材となったドラマは、どんなのがありますか?



1996年に4チャンネルで「ナチュラル〜愛の行方〜」というTVドラマがありました。
確か競馬というよりサラブレッドを生産する家にいる兄弟の確執や愛憎を描いたような作品でした。
主演は石田ひかり、柳葉敏郎他。
このドラマ前評判が結構良かったようで、ドラマ制作にも力が入っていて出演者に乗馬指導をかなりしたようなのですが話がイマイチ面白くなかったのが原因で視聴率が全然伸びず脚本家が4(5)人代わってストーリーに一貫性が無くなってしまって、途中で打ち切りになってしまったドラマでした。

2004年に企画で吉田善哉氏(現在の社台グループの礎を築いた人)のドラマをフジテレビで放送したことがあります。善哉氏を中尾彬が演じ、ロケ地の社台ファームでは、ありし日の善哉氏を知っている従業員が、中尾と善哉氏があまりに似ているため、ロケを見て泣いたそうです。ちなみにサンデーサイレンスをマンハッタンカフェ、善哉夫人を横山めぐみ、照哉氏を宮川一郎太、勝己氏を高知東急がそれぞれ演じました。題名は「運命の出会い サラブレッドに賭けた夢」(ポニーキャニヨン)。DVDで発売されています。

映像化して欲しい作品は松樹剛史氏の小説「ジョッキー」です。
実写でなくてもアニメでもいける作品でしょう。

映画なら「夢駆ける馬ドリーマー」、「シービスケット」、「雪に願うこと」、「優駿」。

映像化して欲しい作品は「優駿の門」。

少年漫画ですが「蒼き伝説 マルス」という競馬漫画いいですね。

感動します!!
posted by 競馬の錬金術師 at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

馬の汗はなぜ白いの?

馬の汗ってどうしてあんな白いんでしょう?


馬の汗にはラセリン(1atherin)という高濃度の糖蛋白が含まれています。
ラセリンには界面活性剤としての機能があり、汗が被毛を通って全身に広がりやすくする役割を持っています。

界面活性剤すなわち石鹸ですから、競馬を終えた馬の股間や頸に付着している白い物質は、界面活性剤入りの汗で濡れた皮膚がこすられて生じた泡なのです。

パドックにいるうちから発汗している馬は興奮している可能性がありますので要注意ですね。


タグ:馬の汗 競馬
posted by 競馬の錬金術師 at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

競馬と税金は?

競馬で大勝ちすると税金って取られるの?


馬券で勝った金額は一時所得です=総収入金額−その収入を得るために支出した金額−特別控除額(50万円) で計算した金額の1/2
一時所得に対する課税額は他の収入によってかわります。

たとえば、第46回有馬記念は@番マンハッタンカフェ、2着がC番アメリカンボスで馬番連勝の払戻金が48,650円(馬券100円あたり)といういわゆる万馬券でした。

この@−Cという馬券を、もし2,000円ぶん購入していたのなら、その一時所得はというと、

総収入金額=払戻金973,000円 (48,650円の20倍)
その収入を得るために支出した金額=2,000円 (元手)
特別控除額=50万円

よって、(973,000円−2,000円−500,000円)×1/2=235,500円
この235,500円が一時所得として課税対象となります。

これに何%の税率をかけるかは、その人の他の所得(例えば給与の年収)の大小や、扶養家族の多い少ないにもよるので一概には言えません。

ただ平均的なサラリーマンであればその10%の23,500円ほど所得税をとられることになります。

一時所得はその収入と直接関係のある支出しか控除できないため、ハズレたぶんの控除は認められません。

また、今回たまたま当たったけども年間通じてはスった金額の方が多かったと言っても、株の売買の一年間の損得のようにそれを内部通算できません。 一時所得はあくまで1回ごとに完結して把握されることになっています。

うーーーん、なんだかなあ・・




posted by 競馬の錬金術師 at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

アメリカで「シーザリオ」の名前の付いたレースって?

アメリカで「シーザリオ」の名前の付いたレースができるようですがグレードはなんですか?

2006年 12月9日(日本時間10日)の、米ハリウッドパーク競馬場の3R(3歳牝、芝1600メートル、1着賞金5万5000ドル=約632万5000円)が、「シーザリオS」として行われます。

レースのグレードは、賞金額からみておそらく「条件戦」か「オープン特別」といったところでしょう。



タグ:シーザリオ
posted by 競馬の錬金術師 at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

馬体重はなぜ偶数なのですか?

馬体重をJRが偶数で発表するのはなぜですか?


馬体重測定器の目盛りがJRAは2キロ刻み、地方競馬は1キロ刻みです。

馬は「じっとしている」ことが苦手な動物なので、測定器の上で動いてしまいます。

JRAの場合は、馬をじっとさせた状態で馬体重を確定させています。だから天皇賞(秋)の時のオースミグラスワンも最初、測定不能で発表されていましたが、その後正確な馬体重が確定し発表されました。

一方地方競馬の場合(特に南関東)、毎日連続の開催で、1頭1頭じっとさせていたのでは時間が足りません。

馬が測定機の上に乗って安定していなくて、まだ測定器の数値が揺れていても、その中間あたりで「だいたい」で決定しています。それで数値の揺れがひどい場合や測定器に乗れない場合には「測定不能」として確定させてしまいます。

人間用の一般体重計最大目盛りの多くは100kgで0.5kg刻みです。
これを馬に置き換えると、2kgになります。人間用の体重計を元に作られておりますので、馬に置き換えると0.5%ということです。

タグ:競馬 馬体重
posted by 競馬の錬金術師 at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

若槻千夏どうしたの?

若槻千夏いつからTVに復帰しますか?


若槻千夏h2006年12月23日復帰!馬2番組は卒業ですか。

神経性胃炎などのため活動休止中のタレント、若槻千夏(22)が、23日のフジテレビ「うまッチ!」(同日深夜放送)の収録で50日ぶりに仕事復帰することが10日、分かった。翌24日の同局「スーパー競馬」にも生出演。「うまッチ!」のリニューアルに伴い、両番組への出演はこの放送で卒業する。他のレギュラー番組には徐々に復帰していくという。

若槻は11月4日に体調不良で「うまッチ!」の収録を欠席して以来、仕事を休んでいる。医師からは神経性胃炎と潰瘍(かいよう)性大腸炎と診断され、一時入院。当初は2カ月の安静が必要とされ、復帰は年明けとみられていた。

番組リニューアルのため年内で卒業予定だった「うまッチ!」と「スーパー競馬」の2番組は、復帰できないまま後任にバトンタッチする見通しだったが、滑り込みで最後の放送に間に合う。

所属事務所によると、若槻は定期的に通院しており、時折、外出できるまで回復。腹痛などの症状も落ち着いてきたため、医師が23日の復帰を許可した。




タグ:若槻千夏
posted by 競馬の錬金術師 at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?

競馬の8大競争って?

競馬の8大競走は、どのレースを指すのですか?

日本の場合は、中央競馬の8つのGTのクラシック5大競争の桜花賞・皐月賞・優駿牝馬(オークス)・東京優駿(日本ダービー)・菊花賞と古馬の天皇賞(春・秋)と有馬記念の8つのレースを差します。

グレード制が敷かれてから、競争内容、賞金額などの高さから8大競争と呼ばれています。

ジャパンカップは海外の馬を呼び、競争内容、賞金額などのレベルが非常に高いと思われますが、公式には認定されていません。

騎手で完全制覇したことがあるのは、現在では保田隆芳騎手と武豊騎手だけです。

調教師で完全制覇したことがあるのは、尾形藤吉調教師と武田文吾調教師だけです。

posted by 競馬の錬金術師 at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の疑問、これは?あれは?
SEO|SEO対策 SEO対策でアクセスアップ